物学研究会.黒川雅之.建築.デザイン.研究会.環境.文化.物づくり.実践.模索.Butsugaku.Kurokawa Masayuki.Architect.design.product




21世紀のヴィジョン
 

1999年度は、98年度の研究テーマ「21世紀のデザインを予言する」をさらに深め、現在の問題として考え、展開していくことを目標とします。昨年は20世紀のデザインのデザインを振り返ることから始め、20世紀デザインの背景となる社会・産業について議論を重ね、物学研究会なりの共通 認識を得ることができました。 以下のテーマは全て、98年度の活動から導き出された最重要課題であり、20世紀の近代主義を乗り越えようとする意志といえます。

河口洋一郎
 

「CGから探る、人間と人工物のより良い関係とは」
河口洋一郎
(東京大学人工物工学研究センター教授)

セッション
 

セッション:プロセスとプログラム
「進化する道具とは」

中村桂子
 

「生命誌とは 自然、ヒト、人工のバランスをデザインする」
中村桂子
(JT生命誌研究館副館長)

セッション
 

セッション:人間の中の野生を考える
「21世紀、野生を取り戻すデザインへのアプローチ」

藤森照信
 

「藤森流超近代建築論」
藤森照信
(東京大学生産技術研究所教授)

中沢新一
 

「モノへの問い」
中沢新一
(中央大学教授)

セッション
 

セッション:
心の共同体が求められる「21世紀の情報、コミュニケーション、デザイン」

シンポジウム
 

シンポジウム
「21世紀、自発する社会への実践」

松岡正剛
 

「21世紀、自発する社会、関係する社会への胎動」
松岡正剛
(編集工学研究所所長)

関 満博
  「21世紀企業のモノづくり戦略」
関 満博
(一橋大学商学部教授)
セッション
  セッション:
「新たな生活・仕事環境創造のために−家具社会のデザインとマネジメント」
紺野登
  「知識がカギとなる21世紀の経営、そしてデザインの役割」
紺野 登
(株式会社コラム代表、ビジネスコンサルタント)
 
 
デザイン・ブレイクスルー
 

今、何をすべきか。そこから出発したい。  時代は、目まぐるしく変わりつつある。価値観も大きくかわり、これまで信じてきた考え 方に誤りがあるのではないかと人々は考え始めている。そして、さまざまな領域で、価値 の基準に変化が起き始めている。今すべきことは、その新しい価値基準の発見である。原 点に戻って考えてみよう。状況の上に状況を重ねてきた現実的な価値を、原点に立ち戻る ことで、再構築してゆきたいと思う。  「デザイン・ブレークスルー、新世紀のデザイン」とは、この革命的価値転換を迫られる 現代の、物=商品の在り方を解剖し、新しいパラダイムの構築を目指すものである。

長澤忠徳
 

「ユーロデザイン・ナウ」
長澤 忠徳
( デザインコンサルタント / カルチュラル・エンジニア)

山根一眞
  「アタマ壊しで物作り」
山根 一眞
(ジャーナリスト)
竹村真一
 

「21世紀、情報技術の可能性」
竹村 真一
(東北芸術工科大学教授)

シンポジウム
  シンポジウム
「21世紀のデザインを予言する」
福原義春
 

「資生堂の企業文化」
福原 義春
(資生堂会長)

シンポジウム
  シンポジウム
「21世紀のデザインを予言する
片平秀貴
 

「第五の経営資源ーブランド創造とデザイン」
片平 秀貴
(東京大学教授)

シンポジウム
  シンポジウム
「21世紀のデザインを予言する」
赤池学
 

「物の意味と構造ー21世紀のゼロエミッション的産業の未来」
赤池 学
(ユニバーサルデザイン総合研究所所長)

高山宏・都築響一
  「モノマニアーフェティシズムの歴史/21世紀のフェティシズムとは」
高山 宏
(都立大学教授) 都築 響一(エディター)
古川
 

「21世紀を予言する:情報メディアの融合は何をもたらすのか」
古川 享
(マイクロソフト代表取締役会長)

安藤忠雄
  「豊かに暮らすということ、豊かな社会とは」
安藤 忠雄
(建築家)
 




  (C)Copyright. 2004 BUTSUGAKU Research Institute. All rights reserved.
   
   
デザイントープ
アルフレックス
インターオフィス
コクヨ
トヨタ
日産自動車
ホンダ
マツダ
NEC
リコー
パナソニック
キヤノン
サムスン
ソニー
富士フィルム
エプソン
オリンパス
ヤマハ
トステム
コマツ
アサヒビール
アイ・エム・アイ
プレーン
ミサワホーム
イーズクラフト
竹中製作所
イデアインターナショナル
パロマ
美和ロック
アクシス